トレーニング記録

ホームトレーニングに最適なケトルベルと最高のマニュアルを購入

2019年8月4日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2019年9月7日に再度公開しました。

ホームトレーニングの最適なケトルベルとマニュアルを購入したので、紹介記事を書きます。

ケトルベル

写真のように金属製の球体に取っ手がついた形をしています。ダンベルやバーベルにないいくつかのメリットがあります。

メリット

  1. 畳1畳分あれば、これ1つで全身を鍛えることができます。ホームトレーニングにはぴったりです。
  2. バリスティックな種目。クリーンやスナッチ等の種目がダンベルやバーベルに比べると簡単かつ安全に行えます。実際の重さよりも大きな負荷を身体に与えることができます。
  3. 心拍数が上がってカロリーを消費しますし、ゴツゴツした筋肉はつきがたいので、女性のダイエットにも最適です。
  4. 瞬発力、スタミナ、筋力を同時に鍛えれます。別々に行う必要がないので時短になります。忙しい社会人の方には重要な要素です。
  5. なにより楽しいですよ。トレーニングバリエーションは無数にあります。同じ重さを2個揃えればさらにバリエーションが増えます。

デメリット

  1. 比較的安全といっても、鉄の塊等で落としたり放り投げたら床や壁を破壊する可能性大です。家で行うときは余裕のある重さで行いましょう。
  2. 鍛えにくい部位があります。ケトルベルだけでは胸と足を高レベルに鍛えるのは難しいです。これらの部位を本格的に鍛えるには100キロを超す重さが必要なので、バーベルのほうが効率的です。といっても一般的なレベルの強さなら胸ならプッシュアップ等、足ならダブル・スクワット(ケトルベル2つ使う)や片足スクワットで十分です。

購入したケトルベルの紹介

ケトルベル魂が制作しているケトルベルで、家庭用にネオプレーンでコーティングされているものです。質感もよく、コーティングされているので床を傷付けません。

重さはトレーニングしていない男性なら8~12キロ、女性なら4~6キロぐらいでしょうか。トレーニングしている人なら、ご自身の筋力に合わせて選んでください。ただ、軽いものでしかできない種目もありますし、難易度の高い種目の練習にも使えるので、軽い重量は買ってしまっても損はしません。

初心者用の2か月メニューも記載されています。今、6週目ですが丁寧な説明と豊富な補助種目のおかげで順調にトレーニングできています。

コーティングされているので、ホームトレーニングにおすすめです。

ケトルベル マニュアル

一緒にマニュアルも購入しました。著者は恐らく日本で初めてRFCインストラクター資格(ケトルベル発祥の地であるロシアの協会です)を取った人物です。

この本の素晴らしいところは、ただ種目が羅列しているだけではないところです。例えばダブルアーム・スイングという基本種目があります。説明に10ページ以上使って、それを正しく行うための補助種目が載っています。他も全てにおいて説明が丁寧です。初めてケトルベルでトレーニングしようという人は必ず一緒に買いましょう。

ケトルベルの本で一番おすすめ

 

プリズナートレーニングを始めるために最適な懸垂バーとマットを購入プリズナートレーニング導入のため本と懸垂バー、トレーニングマットを導入したので紹介します。...

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)